手強いくるぶしの黒ずみは解消できるの?

くるぶしの黒ずみ

女性の場合、足首が出る洋服を着ることが多く、くるぶしの黒ずみが目立つ方にとっては、黒ずみをなんとかしたい悩みですよね。
くるぶしの黒ずみは膝や肘と同様に、外部からの刺激や摩擦によって、古い角質が重なり、固くなってしまうことが多く、肌内のメラニンの排出がスムーズに行かないことが原因の一つです。

 

一般生活の中で起きやすいくるぶしの黒ずみの原因には

  • 座り方による影響による摩擦でおきる色素沈着
  • 古い角質が蓄積し皮膚の乾燥により黒ずむ
  • 紫外線による色素沈着
  • 血行の悪さによって黒ずみが目立ちやすくなる

これらが原因として、くるぶしは黒ずみやすくなると言われています。

 

くるぶしの黒ずみ対策のポイント

くるぶしの黒ずみは生活習慣の影響が大きいため、毎日の生活の中で少し意識をして過ごす、ケアを加えるというのが対策のポイントでもあります。

 

座り方をチェック

普段何気なくテレビやスマホなどを見ている時の座り方でどちらかの足を下にして座っている、あぐらをかく、正座の癖があるといった場合、骨が突起しているくるぶしは圧力がかかりやすいですし、摩擦も起こしやすくなりますので、長い時間、同じ姿勢でいることは避ける必要があります。

 

靴下やタイツ、レッグウォーマーを履いてくるぶしへの摩擦を減らすのがポイントです。

 

靴による摩擦を防ぐ

ヒールのベルト部分やハイカットの靴など、くるぶし付近に当たる形の靴は黒ずみの原因になり得るため、摩擦をさけるために、ストッキングやタイツ、靴下などを履いて摩擦を防ぐことを意識しましょう。

 

紫外線対策

摩擦が起きて肌を守ろうとするメラニンの生成は紫外線を浴びるとさらに活性化してしまいます。
足首が出る洋服や靴を履く時には、顔や腕、首などと同様にUVクリームなどの日焼け止めを使って紫外線対策を行いましょう。

 

保湿ケアで肌のバランスを整える

顔のお肌と同様にくるぶしも保湿をしっかりと行うことで、潤いをアップさせ、皮膚や古い角質も柔軟になります。
くるぶしは皮脂の分泌が少ない箇所ですので、水分だけでなく、油分も含んでいるクリームでしっかりと保湿しましょう。

 

朝のお出かけ前、可能な場合はお昼にも、そして夜の入浴後のスキンケア時に合わせて一緒に保湿ケアを行います。

 

保湿クリームだけでなく、ワセリンでの保湿や、角質を柔らかくして保湿する尿素クリームもおすすめです。

 

ピーリングで古い角質ケア

くるぶしに重なって残っている古い角質を落とすのにおすすめなのが、ピーリングです。
市販のピーリング剤やスクラブ、他にも重層を使った角質ケアがあり、中でも重層はコスパも良く人気ですね。

 

重層を使ったピーリング

食用の重層と水を1対1で混ぜ、ペースト状になったものをくるぶしに塗っていきます。
指で円を書くように馴染ませてマッサージをして、洗い流すだけで終了と簡単ながら、角質ケアの効果が高いことで人気があります。

 

体の黒ずみ対策に役立つケアクリームランキングはこちら

 

くるぶしの黒ずみ解消に役立つ美白セラム登場!

 

くるぶし,黒ずみ,とる方法,黒ずみの原因,解消法


膝の黒ずみ解消メニュー

くるぶし,黒ずみ,とる方法,黒ずみの原因,解消法 くるぶし,黒ずみ,とる方法,黒ずみの原因,解消法 くるぶし,黒ずみ,とる方法,黒ずみの原因,解消法